読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

負帰還増幅回路

私たちの冷たいコーラ活動

何もしてないのに3月が終わった

インターネットをご覧の皆さんこんばんは、ヘイポッドです。

季節があっという間に春めいてきた今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。私は「春だから」という理由で会社をサボり公園のベンチで日がな一日ぼけっとして過ごしておりました。明日会社に行くと私のデスクには新入社員が座ってたりして居場所がなくなっているかもしれません。思い出の傷が残るあの机に誰が今度は座るんだろう、ありがとうさようなら弊社

 

タイトルのとおり何もしてないのに3月がオワッたのですが近況報告です。例によって特に有用な情報はないのでご承知おきください。

 

 

誕生日だった

誕生日前日からワイワイ各位にワイワイ集まっていただき夜通し飲んだりビリヤードしたりした。ここ最近ビリヤードでは負けてない。そのまま徹夜で友人に誘われていたP's Liveに参戦しに横浜アリーナに行った。会場ではいろいろと「ありがとう…」案件があったが一番は会場で巻き起こった「プロ!プロ!」という1万人のプロコールだった。プロになってはや数年、こんなにたくさんの人に誕生日を祝ってもらえるとは…。ほかにも来てた各位と飲み屋でだべってついでにまた祝っていただいた。2日間で20人くらいに直接祝ってもらえて、またTwitterその他でもたくさんのお祝いを頂きありがとうございました。

今年もウィッシュリスト晒していないのにたくさんプレゼントをいただきありがとうございました、大切にします。

https://instagram.com/p/0K5txmutRt/

 

 

そにアニの影響で新潟に行った

飲み仲間各位と新潟まで行ってにいがた酒の陣で酒を飲んだ。とはいえ朱鷺メッセ現地集合というカジュアルすぎる旅程であり私は念のためそにアニ7話を観てからちんたら昼から行ったので合流に手間取った(入場に90分位かかった)

https://instagram.com/p/0Mj8jPutTw/

入場時にお猪口をもらい各酒造のブースで試飲用の酒を注いでもらいとにかく飲みまくる感じのイベントである。混雑がすごくて酔っぱらいしかいないコミケみたいな感じでだいぶつらいが、いろいろな酒を試せるのは良い。食べるものもけっこうあって混雑以外は最高のイベントだ。

立ち飲みスペースで友人やら隣にいたおっさんやらが買ってきた酒をぐだぐだ飲み、おっさんの44歳の誕生日を祝ったりした。千代の光越淡麗純米大吟醸が特に美味かったかな。

その後雑に飲みに行ったが案の定ぐだぐだに。

 

ついでに長岡に寄る

翌日はニチアサ前にきちんと起きて駅前を散策したが、適度に何もなくてこういう如何にも地方都市って感じの街の作りは好きだ。ニチアサを視聴しプリキュアが面白かったのでそのまま新潟でプリキュア映画を観た。映画の感想は割愛するがスクリーンでフレプリ勢のダンスが観られたことには大変ありがたみがあった。

ついでに同じ建物でやっていた米林宏昌原画展を観てきた。私は小さい頃からジブリ作品が好きで、ハッキリ言ってオタクレベルです。

その後何するか何も考えていなかったので、とりあえず行ったことのない長岡まで思いつきで行って温泉に入ることにした。新幹線を待ってる間ドトールでお茶してたら昨日一緒に飲酒した友人と遭遇した。都会人はちょっと時間があればすぐドトールに入る。東京の友人と一緒にわざわざ新潟でコーヒー飲んでるのが何か面白かった。

長岡で降りて、バスに乗って花みずき温泉に行った。周りには本当に何もなくて長岡初心者なのにこんなところまで来てよかったのかと不安になった。観光案内所で帰りのバスの時間を訊いておいたがその情報が間違ってて、私がバス停で時間を確認するタイプの人間でなければ危うく長岡市で行き倒れた旅人の死体が転がるところだったぞ。

温泉は東山連峰と平野を臨む露天風呂でなかなかによかった。温泉内で転んだらしい老人に「腕が逆に曲がったので治して」と言われるなどの心あたたまるエピソードもあった。

https://instagram.com/p/0PeWb7utYy/

露天風呂から見える景色はこんな感じです(風呂の中では撮れないので外で撮ったけど風呂はもう少し高いところにある)

帰りがけに長岡マスターに教えてもらったラーメン屋に徒歩で行き、地元民の暇つぶしスポットとして名高いであろう夢大陸というゲーセンやらマンガやらサブカルグッズやらエロコンテンツやらがたくさん置いてある店で時間をつぶしてグリーン車に乗って帰った。良い旅だった。

 

ディズニーシーに行った

男5人でディズニーシーに行った。開場時間に行ったの初めてだし、だいたいデート的なものか家族でしか行ったことがなかったので男連中だけで行くのも初めてだった。みんな特にTDRガチ勢というわけではないながらも、いろいろと試行錯誤していろいろとエンジョイ出来た。入場して最初のファストパス取ったら朝から即ビール出来るのはこういう面子で来た時だけだよなあ(昼もワインを飲んだ)。うかれポンチだからミニーのリボン型のポップコーン入れを買ったりした。帰りに八重洲のバーで飲んで解散。徹夜明けだったのにかなり楽しめた。

https://instagram.com/p/0ePM0WutYs/

 

友人の引っ越し手伝い

徒歩10分のとこに引っ越すので業者を使わず引っ越しするとのことだったので軽く手伝った。思えば現住所に引っ越した時も手伝ったので時の流れは本当に速い。路上で二人でMac Proを担いで運ぶ連中が窃盗業者感高くて面白かった。引っ越し進捗はヤバすぎて終わらなかったが中華をおごってもらった。

 

 ラ・ターシュを飲んだ

人生で一番高い酒を飲んだ。都内某所のフレンチレストランで La Tacheを飲もうの会が開催されるとのことでお誘いいただいた。 一応説明するとラ・ターシュはかの有名なDRC(ロマネ・コンティを作っているドメーヌ)のワインで、その2005年を飲んだ。市場価格だと50~80万くらいのようだがそのお店ではかなり安く飲めたのでありがたかった。それでもかなりのお値段だけど…

https://instagram.com/p/05NM-vOtct/

2005年というかなり若いビンテージだからというのもありかなり元気さがあった。来店前に抜栓・半分ほどデキャンタージュしておいて頂いていたものの、最初は香りに反してかなり硬く酸味が目立つ感じではあったが、割と早く軽やかに開いてきて、その複雑な味わいが感じられるようになった。メイン料理がサーブされる頃にはかなり美味しく飲めたが、そのパワーや複雑さがとにかくものすごくて(そしてこの機会の貴重さも手伝って)ちびちびと、かつしっかり味わいながら飲み進めることになった。コースの最後まで一本のワインで楽しめるとは…。

絶対に値段に見合う価値があるかというと判断しがたい面はある(安くて美味いのなんてたくさんある)ものの、このワインでないと味わえない感動はあるし、10年でこれなのだからあと10~20年置いておいたらもっと美味くなるのだろうなと思えた。

私の舌はお世辞にも優れているとは言えないという自覚はあるが、それでもブルゴーニュの最高峰と呼ばれるだけのものを感じ取ることが出来て本当に良い機会だった。

合わせて頂いたフレンチも、塩の効かせ方や焼き加減、ワインと合わせたソースの絶妙さ、量の多さなどあらゆる面で素晴らしくて大満足だった。サーモンや金目鯛、ホワイトアスパラ、ランプ肉、そしてスイカ…。

良い酒と良い食事、これらは本当に人生を豊かにするのだと感じた。

 

だいたい以上です。

ほかにも映画観に行ったり飲みに行ったりとかあるのですが長くなったのでこのあたりで。

はてなブログ界隈が有用なエントリや各種レビューなどを毎日執筆する中でこのような小学生みたいな日記なのは申し訳なさがあるけど、小学生みたいな日記担当ということで許してください。

 2014年度お疲れ様でした。

 

終わり