読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

負帰還増幅回路

私たちの冷たいコーラ活動

夏旅行:準備編

時は2016年初夏、どういうわけか長い夏休みを手に入れたので旅行でもしようと考えた。

2週間以上使えることを考えると、普段なかなか行けない遠いところに行くべきでだ。ということで、これまで行ったことがないけど行ってみたかったヨーロッパ各国(雑なくくり)に行くことにした。ひとりで気ままにヨーロッパ各国をぶらぶらしてえ、というのが旅行の目的ということになる。ここ数年、海外出張はちょくちょくあったけれど、純粋な旅行という括りで行くのは友人と行ったラスベガス以来になる。


旅程決定のプロセス
  • 友人がロンドン在住なので、まずその友人に会いに行っとこか
  • UEFA EURO 2016のタイミングなのでフランスでサッカー観よ
  • あとは適当に行きたいところ行けるところに気分で滞在しよ

まずはこんな感じで考えていた。実際のところほとんど何も決まってない。


航空券の準備

まずは旅行代理店に行って航空券をゲットだ。ネットで適当に買ってもいいけれど、旅行保険やらのあれこれを考えると代理店で人間と話してわからないことは質問したりしてから購入するほうが楽そうという印象がある(海外旅行のプロではないので)。

というわけで近所のHISに行って、約3週間後、14泊16日の旅程で、エミレーツ航空の往路:羽田-ロンドン、復路:ローマ-羽田の航空券を取った。このように決定した理由としては

  • 羽田発着で自宅からのアクセスが良い(NRTだけは勘弁してほしい)(NRTはホワイトアルバムの季節がよい)
  • 往路の総移動時間は20時間以上と長くなるが、深夜出発ロンドン昼到着なので睡眠調整が楽そう
  • 復路がローマ発なのは、イタリアは絶対に行きたかったからである。また帰りは現地夜出発なので昼まで観光できるというのもありがたい
  • 私の周りではエミレーツは割と評判が良い

あたりが主な理由である。ちなみに費用は12万円しないくらい。安くね? ロンドン直行便片道正規料金が25万以上することを考えると往復でこの値段は安いと思う。値段だけで言えばもっと安いのもあるけれど、上述の条件や総移動時間を考慮して許容できるラインはこのくらい。あんまり安すぎるのも嫌なのである。

ついでに最終日のローマのホテルも手配をお願いした。最終日は帰国直前に変なトラブルに遭いたくないので、アクセス・サービスが良さそうなホテルがよい。4つ星以上で、帰りの便が出航するフィウミチーノ空港へのアクセスがいいテルミニ駅周辺、2泊3日、一泊予算2万円未満、という条件で一番気に入ったホテルを予約した。


持ち物準備

当初スーツケースは3泊4日くらいのクッソ小さいやつで行こうと考えていたが、現地で特にがっつり買い物する気はないにしろうっかりかさばる物を買ったりしちゃったら収納に困るし、やっぱりでかいやつのほうがいいなと思い直した。

でかいスーツケースは引っ越しのときに処分してしまっていたので、新しく80Lくらいのソフトキャリーを買った。私の感覚ではこれでも十分でかいうちに入る。これ以上でかいスーツケースは持ちたくない。4キャスター(ストッパー付き)、今回は不要だけどTSAロック、外側ポケット、そこそこ軽い、という条件のものを買った。個人的な趣味だが、スーツケースはソフトキャリーの方がいい。ガチのハードケースと比べると旅先での開けやすさ・荷造りのしやすさがぜんぜん違うし、強度も普通の用途では特に問題にならない。デメリットは雨濡れや汚れに比較的弱い、くらいだと思う。

移動中の暇つぶしにマンガや動画を観る用途として今更iPad mini4を買った。手元にあるNexus7(2013モデル)はストレージ容量が限界で整理するのがめんどいのと、iPad mini4 128GB スペースグレイの代金を全額支払えるくらいヨドバシポイントが貯まっていたので勢いで購入した。ついでにKindleであれこれ漫画も買った。iPad最高~(✌ ◜◡◝ )✌ ただ結論を言うと旅行中iPadはほとんど使わなかった。最高~(✌ ◜◡◝ )✌


EUROのチケット確保

前述のとおり割と雑なノリでヨーロッパ行きを決めたので、公式でのチケット販売時点で入手しているわけもなく、viagogoというチケット販売サイトから入手することにした。少々割高になってしまうが仕方ない。

観戦する試合はパリ・サンドニで行われる日程から選ぶ(どうせパリは行くことが決まっているので。EUROの試合はフランス全土のスタジアムでやるので、地方の試合だとそのタイミングでそこを訪れる必要がありちょっと大変)。自分の旅程中にサンドニで行われる試合は準々決勝か、決勝だけである。決勝のチケットはviagogoで10万円以上するので流石に無理、ってなって準々決勝のチケットを取ることにした。この段階では、試合がどのカードになるか判明していない。順当に、あくまで順当に強豪が残れば、この試合はフランス-イングランド戦になるはずだ(フラグ)。

インターネット情報によると、チケット現物の送付が試合の直前になる可能性があるらしく、日本出発後に自宅にチケットが届いてもどうしようもないので、ロンドンで訪問予定の友人宅に送付して受け取ってもらう作戦を立てた。という話をその友人にしたら「俺も行く」というカジュアルな回答。「試合が日曜日の夜にパリだけど大丈夫か」「月曜会社休む」「ワーオ」という流れで旅の道連れができた。チケットは2枚で込み込み約€640(普通に買うと€390+送料等)。高いけど、人生最初で最後のEURO観戦になるかもしれないと思うと十分その価値はあると思う。

f:id:heipod:20160818205211j:plain EUROチケット現物。これが偽物だったら泣くしかない。


ここまでで、ロンドンの友人宅に2泊、パリに移動して2泊・EURO観戦、というところまでスケジュールが確定した。スタジアムやパリ中心地へのアクセスが良い場所ということでメトロとRERが乗り入れているChâtelet-les-Halles駅直近のホテルを確保した。


出発日まで

この暑い季節にヨーロッパに行くということでとにかく体調を整えることに注力した。何ヶ月かぶりに整体に行き身体をほぐし、温泉&サウナで血流を良くして汗を流し、前々日には馴染みの店でめちゃくちゃに飲酒した。現地で酒を飲み過ぎないように先に日本で飲み過ぎておくというクレバーな立ち回りだ。

こうして旅行当日を迎えたのだった。 つづく